不動産投資を成功に導く物件を素早く高値で売却する方法!

不動産投資を成功に導く物件を素早く高値で売却する方法!

不動産を素早く高値で売却する方法ってあるのでしょうか?

誰もが所有不動産を売却するなら、できるだけ高値で売りたいと思うはずです。そんな所有不動産をなるべく高値で、それもできるだけ早く売却する方法なんてあるのでしょうか?

私は、平成23年11月に2号中古一戸建てを180万円で購入して、たった2ヶ月で480万円で売却することに成功しました。その時の体験を基に3つの要素をご紹介します。

不動産を高値で売却させるには一般媒介契約で2〜3社に依頼する

これは、あくまで私の主観ですが地元の不動産仲介会社範囲を少し広めた主要都市で実績のある不動産仲介会社、あとは投資用一棟収益物件であれば、投資物件に強い不動産仲介業者の合計2〜3社へ依頼するのが良いかと思われます。

依頼する不動産仲介会社は、多ければ多いほど窓口が広がりいいように思えますが、そんなにたくさん回ってもたいへんですし、どこの不動産仲介会社に依頼したのか、自分で管理するのも煩雑になるので、2~3社で十分だと思います。

私が実際に依頼したのは2社です。岐阜県東濃地方主要都市の多治見市にあるB店で売買契約が成立しましたが、実は地元土岐市の不動産仲介業者A店でも見込み客がいたらしいのです。A店の担当の方は「1週間後に案内予定でした」とかなり落胆されておりました。

このようなことがありますので、1社に絞ってしまう専任媒介契約よりは、一般媒介契約で売却依頼する方がより早く売却できると思います。

一般媒介契約とは、不動産売買において依頼者が他の宅建業者に、重ねて媒介や代理を依頼することが許されるもの。

専任媒介契約とは、不動産売買において1つの業者に限定して依頼すること。宅地建物取引を行う際に、宅建業者が依頼者と結ぶ媒介契約のひとつです。

専属専任媒介契約とは、他の宅建業者に重複して依頼できないのと同時に、依頼した宅建業者が紹介する相手以外の人とは取引できないかなり限られた媒介契約をいいます。

不動産売却査定は高値査定にこだわらないことが大事

誰もが少しでも高く所有物件を売却したいと思うものです。長年所有し続けた物件であれば、思い入れもあるでしょう。

しかし、地場の不動産仲介会社は、その地域の不動産相場を知り尽くしています。そのような会社が精査して出した査定であれば、それはそのまま受け入れてもいいと思います。

もちろん自分で物件周辺の土地の坪単価を調べたり、建物の価値はどれくらいかなど調査することは必要です。

中には仲介手数料を稼ぐために、すぐ売却して不動産査定をあまくしてサッサと売り抜こうとする業者がいたり、逆に高額査定をいいことに専任媒介契約を取り付けたものの、いつまで経っても売却できないといった業者もあるので気をつけましょう。

不動産売却で失敗しないためにも、私はネットを利用してある程度自分で相場を調べ、500万円前後で売れたらいいなという感触を持って、不動産仲介会社の査定を受けました。すると480万円という不動産査定が返って来たので、即決することができました。

不動産売却査定は、2〜3社の査定内容を聞いて、自分でもしっかり市場調査をして、あまり高値査定にこだわらないことがスピード売却への近道だと私は思います。

不動産を売却依頼するタイミングが大事

不動産の売却依頼をするタイミングは、1番在宅率が高く、検索される率が最も高いと思われる年末年始前に、自分の売却する物件がインターネット上でアップされていることが望ましいと思います。

今回の2号中古一戸建て物件は、不動産仲介会社のB店が年末年始前に、インターネット上で物件掲載を行い、それを検索して見た買主様が、年明け早々に問い合わせをしてきて、即申込みに至りました。

年末年始だけでなく、お盆休みの期間やゴールデンウィーク前も狙い目かもしれませんね!

とにかく売却依頼したタイミングや不動産仲介業者さんがインターネット募集サイトへアップするタイミングなど、すべてが絶妙に噛み合いました。

たった2ヶ月で300万円も高く物件売却を成功させた不動産仲介会社を紹介しているサイト

この2号中古一戸建て物件は、平成23年11月に180万円で購入して、2ヶ月後の平成24年1月には480円で売却するという驚異的なスピードキャピタルゲインを得ることに成功しました。

そんな素晴らしいスピード高値売却を実現してくれた不動産仲介会社は、下記サイトにて掲載しておりますのでご参照ください↓

2号中古戸建の不動産投資はたった2ヶ月で300万円のキャピタルゲイン〜2号収益物件 土岐市中古戸建〜 180万で購入→たっ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク